サイトデザインをリニューアルしました

LinuxbeanをUSBメモリから起動する方法

自動売買環境構築

「使わなくなった古いPCをMT4専用PCとして復活させる方法」では「Linuxbean」のイメージファイルをCDに焼いて「Live CD」から「Linuxbean」を起動する方法を説明しました。

でも、いちいちCDに焼くのは面倒くさいという方もいるはず。

実はUSBメモリがあれば、CDにイメージファイルを焼かなくてもLinuxbeanを起動させることができます。

具体的には、「UNetbootin 」という無料のソフトを使用して「Live USB」を作成します。

以下に、「UNetbootin 」を使用して「Linuxbean」の「Live USB」を作成する手順を解説します。

UNetbootinのダウンロード

まずは、「UNetbootin 」をダウンロードしましょう。

以下のURLにアクセスします。

https://osdn.jp/projects/sfnet_unetbootin/

linuxbean-liveusb1

「ダウンロード」の所に「最新ダウンロードファイル」一覧が表示されていますので、最新のファイルをダウンロードします。

Windowsの場合、「unetbootin-windows-625.exe」をクリックしてファイルをPCにダウンロードします。

LinuxbeanのLive USBを作成

Linuxbeanのisoイメージファイルを用意

LinuxbeanのLive USBの作成には、Linuxbeanのisoイメージファイルが必要ですので、あらかじめLinuxbeanのisoイメージファイルをダウンロードしておいてください。

使用するUSBメモリをFAT32でフォーマット

Live USBに使用するUSBメモリがFAT32でフォーマットされていない場合は、FAT32でフォーマットしておいてください。

unetbootinを起動

ダウンロードした「unetbootin-windows-625.exe」をダブルクリックして「unetbootin」を起動させます。

linuxbean-liveusb2

「ディスクイメージ」を選択し、右のボタンをクリックして「Linuxbeanのisoイメージファイル」を選択します。

USBメモリがPCに接続されていれば、下のドライブの所にドライブレターが表示されているはずです。

タイプに「USBドライブ」、「ドライブ」に使用するUSBメモリのドライブを指定して「OK」ボタンをクリックします。

すると、USBメモリへのインストール作業が始まります。

linuxbean-liveusb3

処理が完了すると、上の画面になるので、「終了」ボタンをクリックして閉じます。

これで、「Linuxbean」の「Live USB」の作成は完了です。

あとは、BIOSのOS起動優先順位の設定で「USB」ドライブを最優先に設定すればUSBから「Linuxbean」を起動することができます。

コメント