サイトデザインをリニューアルしました

MT4で自動売買環境を構築-お名前.com デスクトップクラウド for FX

お名前.com

前回は「お名前.comデスクトップクラウドfor FX」のサーバー機にリモートデスクトップで接続するまでを紹介しました。

リモートデスクトップでサーバー接続-お名前.com デスクトップクラウド for FX
前回は「お名前.comデスクトップクラウドfor FX」のサービス内容について紹介しました。 今回はいよいよ実際に1GBメモリプランを利用して、デスクトップクラウドfor FXのサーバーに自宅PCから接続してみたいと思います。...

今回はデスクトップクラウド for FXのサーバー機に、普段私が行っているMT4の自動売買環境を作成していきたいと思います。

お名前.com Windowsデスクトップ

デフォルトでインストールされているMT4について

お名前.com デスクトップクラウド for FXでは、あらかじめMT4がインストールされている状態になっています。

まずはこのMT4を起動させてみましょう。

デスクトップ上にあるMeta Trader 4アイコンをダブルクリックします。

以下は初回起動時の画面。

バージョン情報を表示させてみるとどうやらMetaQuotes社の公式MT4がインストールされているようです。

このままこのMT4を使用することもできますが、利用するMT4業者のサーバー情報を自分で設定する必要があります。

また、デフォルトのMT4だと複数運用する場合にどの業者で使用しているのかアイコンでわかりにくいので、デフォルトで入っているMT4は使用せず、別途FX業者が配布しているMT4をインストールして使用することをお勧めします。

複数MT4環境を構築する

では、「お名前.com デスクトップクラウド for FX」上にMT4を複数インストールして自動売買環境を構築していきましょう。

リモートデスクトップファイルを修正して共有ドライブを設定する

今のままだと、自分のPC上にあるファイルをサーバー機に転送することができません。

なので、リモートデスクトップファイルを修正してローカルPCとサーバー機で簡単にファイルのやり取りができるように設定します。

現在、サーバーにリモートデスクトップ接続している場合は、いったん接続を切っておきます。

ローカルPC上にある「WinRD.rdp」ファイルを右クリックして表示されるメニューから「編集」をクリックします。

以下のようにリモートデスクトップ接続の設定を編集できる画面が表示されます。

「ローカルリソース」タブをクリックし、「ローカルデバイスとリソース」にある「詳細」ボタンをクリックします。

ローカルデバイスとリソースで、共有させたいドライブにチェックを入れます。

今回はPCに接続したUSBメモリ(Fドライブ)を共有させることにしました。

チェックしたら「OK」ボタンをクリックします。

次に、「全般」タブをクリックし、「保存」ボタンをクリックしてRDPファイルを更新しておきます。

これで先ほど変更した設定がファイルに反映されるので、次回以降同じ設定を行う必要はありません。

保存したら「接続」ボタンをクリックしてサーバーに接続します。

サーバーにリモートデスクトップで接続後、サーバー機のエクスプローラを開いてみましょう。

PCの下に先ほど設定したローカルのドライブが表示されているはずです。

このドライブを介せば、いつでもローカルPCとサーバー機との間でファイルのやり取りが行えます。

MT4をインストール

サーバー機のInternet Explorerを起動し、自分が使用しているFX業者のホームページからMT4のインストールプログラムを入手します。

もしくは、ローカルPCにあるMT4インストールプログラムを先ほどの共有ドライブを使用してサーバー機にコピーしてもいいでしょう。

インストールプログラムが用意出来たら、必要な分だけサーバー機にMT4をインストールします。

MT4を複数インストール方法は以下で詳しく説明しているので参照してください。

同じFX業者のMT4を複数インストールする方法

とりあえず、4つほどMT4をインストールしてみました。

MT4のインストールが完了後は、それぞれのMT4を立ち上げてEAの設定を行うだけです。

EAファイルを、共有ドライブ経由でサーバー機にコピーしてMT4に設置しましょう。

インストールした4つのMT4を起動させるとこんな感じ。

EAの設定方法についてわからない場合は、サーバー機のデスクトップ上にあるpdfファイル「しろふくろうとはじめるFX自動売買」を見てみましょう。

いくつまでMT4を設置できる?

これについては、使用メモリ量などと密接に関係があるので厳密に何台までと言い切ることはできません。

とりあえず私の環境の場合、MT4を11個同時起動できるところまでは確認しました。

しかし、12個目のMT4を起動した時点で初期化エラーが表示され、デスクトップの表示がおかしくなりリモートデスクトップが切断されました。再接続したらすべてのMT4が終了していました。

なので、メモリ1GBプランの場合、目安としてMAX10個ぐらいまでと思っていた方がいいでしょう。

ちなみに、10個同時起動は確認しましたが、実際に10個のMT4を継続稼働させたわけじゃないので継続稼働時に問題なく運用できるかどうかはわかりません。

このあたりの詳細は次回の運用編で取り上げたいと思います。

まとめ

今回は、お名前.com デスクトップクラウド for FXのサーバー機にMT4を使って自動売買環境を構築する方法を紹介しました。

次回は、デスクトップクラウド for FXを運用していくにあたって知っておくべきことを解説したいと思います。

コメント