Home » 売買結果

2016年11月22日のFX自動売買結果

2016年11月23日 水曜日 No Comment
Pocket

2016年11月22日のFX自動売買結果は以下の通り。

獲得PIPS数:-20ips

損益:-9911円

スワップ金利:-3円

現在の資産残高:256655円

20161122m30chart

上の画像は2016年11月22日のドル円30分足チャートです。

早朝福島沖で大きな地震があり、その影響で東京市場開始後110.26まで下落しましたが、地震の影響がほとんどないことがわかるとドル買い戻しが優勢となり、ロンドン市場開始前に111.23まで上昇。

その後、ロンドン市場とニューヨーク市場は大きくうねりながらも上昇基調を維持し、前日高値の1pips下まで上げる局面がありましたが、高値を超えることはできず111.14でクローズとなっています。

当EAですが、東京市場午後にロングポジションを持ち、その後ずんずん値を上げていったので、高値更新を期待していたのですが、高値まであと少しのところからまたしてもロンドン勢がドル売りをしてきて一方的に70pipsも落としてきました。

そのせいで、いつもは発動しない早期決済ロジックが働いてしまい、いつもより早くロスカットとなってしまったのですが、なんとそこがロンドン下げの最安値となりそこから切り替えして前日高値まで上げるというふざけた動きをしてくれました。

通常通りのストップロスであれば狩られることなくニューヨーク市場の上げでめでたく利益確定となった相場だけに腹が立ってしかたありません(笑)

なぜ毎日ロンドン勢はあれほど一方的に落としてまた上げていくのか。

短期勢が一方的に上下に大きなレンジでぶん回す相場はほんといやですね。

こういう動きをされると裁量決済したい衝動がまた出てきてしまいます。

裁量決済ルールを作って運用したほうが成績があがるかもしれません。

さて、本日は日本が休日となり、米国は感謝祭前となることからポジション調整主体の動きが予想されますが、ロンドン勢がまたドル売りしてくるのか注目したいと思います。

 

 

 

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。