Home » 売買結果

2016年7月29日のFX自動売買結果

2016年7月30日 土曜日 No Comment
Pocket

2016年7月29日のFX自動売買結果ですが、29日はノートレードとなりました。

20160729m30chart

上の画像は2016年7月29日のドル円30分足チャートです。

2016年7月29日のドル円は、日銀禁輸政策決定会合の結果を受けて大幅下落となりました。

朝からひどい動きでしたね。

日銀金融政策決定会合の発表前までに2円規模の乱高下が頻発し、とてもまともにトレードなんてできる状況ではありませんでした。

正直、短時間にここまで乱高下するような相場はリーマンショックの頃はあったかもしれませんが、ここ数年のドル円ではみたことないですね。

完全に相場がぶち壊れた状態でした。

こんなことになるのは、日銀の発表時間が決められていない事も原因の一つにあるのではないかと思います。

いい加減日銀の発表時間はFOMCのようにしっかり決めて発表してほしいですね。

日銀金融政策決定会合の結果、追加緩和が発表され瞬間105.60まで上昇するも、期待したほどの内容ではなかったためすぐさま急落し、一時102.67まで下落しました。

その後、103.97まで1円以上リバウンドしましたが、そこからは再度だらだらニューヨーククローズまで円買いが継続。

一時102円を割り込む101.96まで下落後、102.02でクローズとなりました。

当日高値から約360pipsほど下落でした。

日銀発表日はもう安易にトレードできなくなってしまいましたね。

以前はここまで荒れるようなことはなかったのですうが、回を重ねるにつれどんどんひどくなってきていて、発表後の値動きも3円~4円平気で動くようになっています。

金融緩和による中央銀行バブルの弊害が今まさに起こっている感じです。

来月はいよいよ8月となり、夏枯れ相場に突入していくと思われますが、このまま円買いトレンドが継続し100円割れを再度目指してしまいそうな感じです。

どっちに行くにしても乱高下しながら動くのはやめてほしいですね。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。