Home » 売買結果

2016年6月24日のFX自動売買結果

2016年6月25日 土曜日 No Comment
Pocket

2016年6月24日のFX自動売買結果ですが、24日はノートレードとなりました。

20160624m30chart

上の画像は2016年6月24日のドル円30分足チャートです。

2016年6月24日のドル円は、イギリスのEU離脱国民投票の結果を受けて大幅下落となりました。

朝方、ユーガブが残留優勢の出口調査結果を発表したことから、円安気味に推移していましたが、イングランド北東部で離脱票が残留票を上回ったことから下落に転じ、その後は上のチャートの通り。

102円台まで落ちて、105円台まで戻してと乱高下しながら、離脱票が残留表を大きく引き離していくにつれ下落が加速。

一時98.89と98円台まで下落するとんでもない大暴落相場になりました。

その後はリバウンドを試し、半値水準よりちょっと上まで戻しましたが、ニューヨーク午後は102円台前半のもみ合いに終始し、102.10でクローズとなっています。

すさまじい相場でしたね。ポンド円については当日高値から約27円落ち、ドル円は約8円落ちです。

リーマンショックから約1ヶ月弱後におきた2008年10月24日のドル円大暴落のときの値幅は、705pips(約7円)でしたから今回はそれ以上の下落幅となっています。

投票等で相場が動く場合、開票が進むにつれ最終的にどう転んでいくかわからないため途中の動きを予測することが難しく非常に取引がしにくいですね。

うまく取引できればかなりの利益になっていたわけですが、さすがにこんな相場手が出せません。

今回取引に参加しなくて正解だったと思っています。

さて、月曜日からの相場ですが、急速にイギリス国民投票結果を相場は織り込みましたので、個人的にはいったん反発するのではないかと思っています。

月曜日の自動売買は様子見するかもしれません、というかたぶんフィルタに引っかかって取引しないと思います。

とりあえず大きなイベントは通過しましたので、早急に通常相場に戻っていって欲しいですね。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。