Home » 売買結果

2015年6月30日のFX自動売買結果

2015年7月1日 水曜日 No Comment
Pocket

2015年6月30日のFX自動売買結果は以下の通り。

獲得PIPS数:-17.7pips

損益:-11328円

スワップ金利:-30円

現在の資産残高:310731円

2015年6月30日のドル円相場ですが、方向感の無いレンジ相場となりました

201506030m30chart

上の画像は6月30日のドル円30分足チャートです。

122.51でオープンしたドル円ですが、東京市場午前はドル売り優勢となり、一時122.19まで下落、午後は122.45までの間でもみ合いに。

ロンドン市場開始後は再度ドル売り優勢となり、一時121.93と122円割れとなりましたが、121円台の買い圧力が強くあっという間に122.60まで急騰しました。

ニューヨーク市場が始まると市場は再びドル売り優勢となり、再度122円割れの121.97まで下落しましたが、再び強いリバウンドが入りクローズにかけてドルが買い戻され、122.49でクローズしています。

当EAは夕方ショートポジションを持ちましたが、121円台以下にぜんぜん行かず、結局利益確定できないまま明け方決済となり、損失になってしまいました。

とにかく122円が固すぎです。何度も何度もアタックするのですが、瞬間割ってもそのつどすさまじいリバウンドが入って30pipsとかあっという間に戻されていました。

あまりにも122円の反発が強かったので、手動で決済しようか迷ったのですが、自動売買で裁量入れ出すと癖になってしまうので止めました。

結局損失となりましたが仕方ありませんね。

とにかくギリシャ問題が落ち着かないことにはどうにも相場が安定しません。

ほんと、いつまでこの問題長引かせるつもりなのでしょうか。

ギリシャ自体問題は問題ですが、ユーロ圏もいい加減はっきりけりをつけろよといいたいです。

月末2連敗となり、6月は後味の悪い締めとなりましたが、残高30万に乗せたまま終了できたのでとりあえずはよしとします。

明日には米雇用統計が控えており、相場はまた一波乱ありそうです。

徐々に夏枯れ相場へと移行していきそうですが7月もなんとか利益を残してくれるよう祈りたいと思います。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。