Home » 便利ツール

MT4でスピード注文を実現!MT4クイック発注パネル

2016年12月20日 火曜日 No Comment
Pocket

mt4quickorderpanel1

MT4クイック発注パネルは、MT4でスピード注文が可能なMT4専用発注ツールです。

MT4標準の発注方法があまりにも使いにくいため、私こと川蝉が自作した川蝉完全オリジナルのMT4発注ツールです。

MT4クイック発注パネルを使えば、MT4標準の発注方法では困難なスピーディーな取引を簡単に行うことができます。

スポンサードリンク

紹介動画

実際に動いている様子は以下の動画で確認してください。

MT4クイック発注パネルの特徴

1クリックでスピーディーに発注

mt4quickorderpanellfeature1

レート部分を1クリックするだけで、即座に新規発注及び決済ができます。

余計な確認画面は表示されず、スムーズに取引することができます。

複数ポジションも1クリックで楽々決済

mt4quickorderpanellfeature2

複数のポジションの一括決済用に、全決済、売全決済、買全決済の3つの全決済ボタンを用意。

通常なら1つずつ決済しなければいけなかった複数ポジションの決済が、1クリックで簡単楽々に!

MT4の標準機能ではできない一括決済処理が1クリックで可能になります。

許容スプレッドの設定ができる!

mt4quickorderpanellfeature3

FXの取引をしていると、突然スプレッドが広がることが多々あります。

スプレッドが広がっていることに気づかずレバレッジの大きな取引をしてしまい、大きな損失になってしまった取引もあるのではないでしょうか?

そういう取引を防ぐために、MT4クイック発注パネルでは許容スプレッドを設定できるようにしました。

許容スプレッドを設定しておけば、設定した値以上にスプレッドが広がった場合の注文をはじくことができます。

スプレッドが開くことで得をするFX業者は、こういう機能を自らが提供する取引ツールではなかなか実装しようとしませんが、当ツールは自分のトレードを行いやすくするために開発したのでこの機能は必須でした。

MT4クイック発注パネルを使えば、スプレッド拡大時に取引を制限できるので安心して取引することができます。

ポイント指定で指値・逆指値決済の同時発注が可能

mt4quickorderpanellfeature4

MT4標準機能では、新規注文時に指値・逆指値決済を同時に発注する場合、決済価格を直接指定しなければいけません。

それってものすごく面倒ですよね。

MT4クイック発注パネルを使えば、新規注文時の指値・逆指値決済注文をポイント差で指定することができ、具体的な決済レートを意識することなくスピーディーに決済注文を同時発注することができます。

両建の切り替えも1クリックで簡単

mt4quickorderpanellfeature5

両建、決済の切り替えはチェックボックスのオンオフで簡単かつ迅速に行えます。

びびり病克服に役立つ損益非表示機能搭載!

mt4quickorderpanellfeature8

FXに勝てない原因としてよく例示される、損切り貧乏、チキン利食い、コツコツドカン病。

びびり病なんて言い方もされますが、それはひとえに評価損益を過剰に意識してしまう事で生まれます。

明確な取引ルールを作っていたのに、少し大きめの損失額を見たせいで怖くなって決済してしまったなんてこともあるのでは?

そんな人のために評価損益を非表示にする機能を搭載しました。

評価損益ではなくポイント損益のみを見てトレードを行うことで、びびり病を克服することができるかもしれません。

マジックナンバー付き注文が可能

mt4quickorderpanellfeature6

マジックナンバーとは、EA(自動売買プログラム)を使用して発注する場合にオーダーに紐付される識別番号のことです。

MT4の標準発注機能を使って手動で売買を行った場合は、マジックナンバーは常に0が設定されて発注されています。

MT4の標準機能ではマジックナンバーを変更して発注する機能がついていないので、自動売買プログラムが保有した注文を手動で誤って決済してしまった場合に、自動売買用のポジションを手動で再度持ち直すことができませんでした。

MT4クイック発注パネルを使えば、マジックナンバーを設定して発注することができるため、自動売買プログラム用のポジションを再度持ち直すことが可能になります。

ただし、マジックナンバーを0以外に変更して発注したポジションは、MT4クイック発注パネルの管理対象外となります。

チャート内のどこにでも表示が可能

mt4quickorderpanellfeature7

タイトルバー上のボタンやクイック発注パネル下部にあるボタンを操作することで、チャート上の任意の場所にクイック発注パネルを表示することができます。

タイトルバーのボタンをクリックすると、チャートの左上、右上、左下、右下に移動できます。

パネル下部の上下左右のボタンをクリックすると、任意の方向に指定の変動量だけ移動させることができます。

パネルの表示が邪魔になった時は、折りたたんでタイトルバーだけの最小限の表示にすることも可能です。

MT4のバックテスト機能で24時間365日いつでもトレードの練習が可能!

mt4quickorderpanellfeature10

MT4クイック発注パネルをMT4のバックテスト機能で利用すれば、過去チャートを使用したトレードの練習を24時間365日いつでも好きな時に行うことができます。

マーケットがクローズしている土日を利用してトレードの練習をするもよし。

他人のトレードルールや自分で思いついたトレードルールをいつでも検証することができるので、勝つためのトレードルールの発掘が捗ります。

操作マニュアル完備

全62ページにわたる操作マニュアルを用意しています。

マニュアルを見ればFX取引初心者の方でもスムーズに使用方法を理解することができます。

マニュアルには利用時の注意点等、重要なことが書かれているため使用前に必ずご覧下さい。

MT4クイック発注パネルを利用する際の注意事項

MT4クイック発注パネルの動作には外部ライブラリ「MT4Gui」が必要となります。

MT4Guiライブラリ自体は無料で利用できますが、使用する場合、MT4Guiに名前とメールアドレスを登録する必要があります(ライブラリの自動アップデート機能で使用される)ので、予めご了承ください。

MT4Guiライブラリのダウンロード方法、インストール方法、登録方法等の詳細は操作マニュアルにすべて記述していますので、詳細はマニュアルをご確認ください。

入手方法

MT4クイック発注パネルは、当サイトキャンペーンにて随時配布中です。

キャンペーンページを確認する

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。