自作EA運用記 »

[2014年8月16日 土曜日 | No Comment | ]
自作EAの開発がひとまず完了しました。 次は自動売買システムを動かすために、どのFX業者を使用するのかを決めなければいけません。 そこで、主要な国内MT4対応FX業者の比較をしてみました。 比較表を見ればわかりますが、オアンダジャパンが条件面で他業者を引き離してます。 注目すべきはオアンダジャパンのスプレッドの低さです。1回の注文発注数量が5万通貨までという条件が付いてはい...続きを読む

FX口座開設, OANDA JAPAN »

[2014年8月13日 水曜日 | No Comment | ]
FX自動売買におすすめNO1のMT4対応FX業者「OANDA JAPAN」に口座開設する方法について徹底解説...続きを読む

自作EA »

[2014年8月10日 日曜日 | No Comment | ]
前回、FX自動売買システム「TrendStalker_v2」を紹介しましたが、今回さらにブラッシュアップを重ね、パフォーマンスをさらに改善いたしました。 決済タイミングの見直しと設定値の最適化により大幅にパフォーマンスが改善されました。 今回を持ってバージョン2の完成といたします。 今後は、「TrendStalker_v2」の自動売買結果を当サイトで公開して行くこととなります。 ...続きを読む

自作EA »

[2014年8月7日 木曜日 | No Comment | ]
実は、FX自動売買システム「TrendStalker_v1」のフォワードテスト中に、もっとドローダウンが少なくさらに利益を増やせるシステムが作れないかといろいろ試行錯誤しておりました。 TrendStalker_v1では、スプレッド2で取引すると、8年で1億に到達できないシステムになってしまったわけですが、スプレッド2でも1億円に到達できるシステムが目標です。 そして、いろいろ検証した...続きを読む

自作EA »

[2014年8月6日 水曜日 | No Comment | ]
前回、FX自動売買システム「TrendStalker_v1」のフォワードテスト結果を公開しました。 テスト期間は約1か月半ぐらいの期間でした。では、2004年初頭から直近までの結果はどうなっているんだろうということで、2014年から直近までのバックテストをMT4で行ってみました。 「TrendStalker_v1」は、2013年までの過去データを用いて検証最適化されたシステムのため、2...続きを読む

自作EA »

[2014年8月6日 水曜日 | No Comment | ]
フォワードテストとは、バックテストとは違い、 売買システムが未来の相場で機能するのかどうかを確かめるテストのことです。 例えば、2013年までの過去データを用いて自動売買システムを検証最適化したとしましょう。このシステムのフォワードテストを行うには、 2014 年の過去データを用いて現時点までの動作を検証するか、実際に現在の相場で売買システムを走らせながら検証を行えばいいわけです。 フ...続きを読む

自作EA »

[2014年8月3日 日曜日 | No Comment | ]
全記事では、TrendStalker_v1のバックテスト結果を公開しましたが、今回はこのFX自動売買システムの特徴を見てみましょう。 簡単な特徴をまとめると以下の通りです。 取引通貨はドル円 資金量に応じて取引枚数を増やす複利運用 取引する時間足は15分足 トレンドフォローシステム 毎日決済するデイトレードシステム 利益確定、ストップロスは固定 ナンピンなし ...続きを読む

自作EA »

[2014年8月3日 日曜日 | No Comment | ]
「TrendStalker_v1」は、私自身が最初に実運用を目指して開発したFX自動売買システム(MT4用EA)です。 以下にこのシステムのバックテスト結果を掲載します。 バックテストは海外業者FXDDのヒストリカルデータを用いており、資金は10000ドルスタート、取引通貨はドル円、検証期間は2006年1月1日~2013年12月31日までです。 ただしバックテストを実行しますと、...続きを読む