Home » 自作EA

TrendStalker USDJPY v4.00

2017年3月19日 日曜日 No Comment
Pocket

TrendStalker USDJPY v3.5をv4.00にアップデートしました。

まだまだ改善案はあるのですが、いつまでも調整していても仕方ないのでこの辺で一度バージョンを上げておきます。

今回からデューカスコピーのヒストリカルデータを使用して最適化を行っています。

前バージョンではトランプ相場で大きく損失を出してしまいましたが、今回のバージョンはその問題点を改善しました。

その他、新たにフィルタをいろいろ追加しています。

あと、今回のバージョンから、1日でとんでもなく大きな下落があった際は、2か月ぐらい取引しなくなります。

ハイボラタリティな乱高下相場を取引してもこのEAの場合大して利益にならないことが経験上わかりましたので、休ませるのも戦略上必要だとの判断です。

まぁ、2016年のような異常な相場はそう何度も来ないとは思いますが、あまりにも1日で急変動するような場合は、相場が落ち着くまで自動売買はお休みすることになります。

TrendStalker USDJPY v4.00のバックテスト結果

以下、開始資金250ドル、スプレッド2、テスト期間は2007/1/1~2017/01/01、レバレッジ6設定でバックテストを行った結果です。

前回はレバレッジ8でバックテストを行いましたが、レバレッジ8でバックテストをすると途中で最高取引枚数に達してしまい、正確にバックテストができないためにやむなくレバレッジ6設定でバックテストを行っています。

TrendStalker USDJPY v4.00
総損益(ドル) 458201.88ドル
相対ドローダウン 15.96%
プロフィットファクター 1.92
勝率 52.46%

ちなみに以下は、レバレッジ8設定で最高取引枚数に達しないようにテスト期間を1年短縮して2008年1月1日~2017年1月1日までをバックテストしたものです。

レバレッジ8設定にすると4億超えの結果に。

結果は上々です。

運用はレバレッジ8設定で行う予定です。

2017年1月1日から2017年3月17日までのバックテストは以下の通り。

開始資金1000ドル、スプレッド2、レバレッジ8倍設定でテストを行いました。

いい感じで右肩上がりになっております。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。