Home » MT4インジケーター

MTF Inside Bar

2015年5月9日 土曜日 No Comment
Pocket

1つのチャート上に上位タイムフレームのチャートが描ける!

MT4用インジケータ「MTF Inside Bar」は、現在表示しているチャートに、上位タイムフレームのチャートを描画することができる、一風変った面白いインジケータです。

indi_MtfInsideBar1

例えば、上の画像のように、15分チャートの上に4時間足のチャートを描かせるといった使い方ができます。

チャートを何枚も表示したくないけど、上位タイムフレームのトレンドは確認したいといった方に最適?のインジケータとなっております。

FX取引においては、より長期のタイムフレームのトレンドに従うというのは基本中の基本ですので、短期のタイムフレームで取引している方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

MTF Inside Barのダウンロード

下記URLにアクセスします。

https://www.mql5.com/en/code/11878

indi_MtfInsideBar9

赤枠で囲まれた「mtf_bar_indicator_v1_2.mq4」というリンクをクリックして、ファイルをPCにダウンロードしてください。

MTF Inside Barのインストール方法

Metatrader4を起動し、「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」をクリックします。

表示されたデータフォルダの中の「MQL4」ディレクトリを開き、その中の「indicators」ディレクトリの中に ダウンロードした「mtf_bar_indicator_v1_2.mq4」をコピーします。

Metatrader4を再起動すれば、インストールは完了です。

MTF Inside Barの使い方

Metatrader4を起動し、ナビゲーターウィンドウの「罫線分析ツール」から「mtf_bar_indicator_v1_2」を探してください。

indi_MtfInsideBar10

「mtf_bar_indicator_v1_2」を右の表示させたいチャートにドラッグ&ドロップすればインジケーターの設定ダイアログが表示されます。

indi_MtfInsideBar11

「パラメーターの入力」タブをクリックし、下記パラメーターの解説を参考に、パラメーターを設定します。

設定完了後、「OK」ボタンを押せば完了です。

MTF Inside Barのパラメーター解説

以下は、MTF Inside Barのパラメーター設定画面です。

indi_MtfInsideBar2

TFup

このTFupという数字は現在表示しているチャートから何段階上のタイムフレームを描画するかを指定する数字です。

例えば、5分足チャート上に表示する場合だと、1は15分足、2は30分足、3は1時間足、4は4時間足、5は日足、6は週足、7は月足を描画することとなります。

indi_MtfInsideBar3

上図は、5分足のチャート上でTFupを2に設定して30分足を描画しています。

右下の赤線で囲まれた部分を見れば、現在どの時間足を描画しているのか一目でわかります。

「Inside MTF Bar = M30」となっているので30分足の描画だと判断できます。

bars_back

bars_backでは、最初のローソク足の後ろに何本のローソク足を描画するのかを指定します。

デフォルトの20だと、最初のローソク足を加えて合計21本のローソク足がチャート上に描画されます。

indi_MtfInsideBar4

上図は、bars_backを10に設定した場合です。合計11本のローソク足が描画されていることがわかります。

stats

statsを「true」に設定すると、オープン-クローズのpips数がローソク足の中に表示されると解説にあるのですが、trueにしても私の環境では何も変化がありませんでした。バグがあるのかもしれません。

UpCandleColorとDownCandleColor

UpCandleColorは、陽線のローソク足の色を、DownCandleColorは陰線のローソク足の色をそれぞれ設定できます。

indi_MtfInsideBar5

上図では、陽線を「White」、陰線を「Violet」に設定したものです。

width

widthでは、ローソク足の線の幅を設定できます。ここは標準のままで特に問題ないと思います。

filling

filingを「true」に設定すると、ローソク足の中にも色が付くようになります。folseだと線だけの描画となります。

indi_MtfInsideBar6

上図は、filingを「true」に設定しています。ローソク足が塗りつぶされていますね。

Font_Size

Font_Sizeでは、右下の「Inside MTF Bar = ○○」の箇所のフォントサイズを指定できます。

indi_MtfInsideBar7

上図では、Font_Sizeをデフォルトの15から30に変更しています。文字サイズが大きくなっていることがわかると思います。

Corner

Cornerでは、「Inside MTF Bar = ○○」の文字列をチャート上の4隅のどの位置に表示させるかを数字で指定します。

0だと左上、1だと右上、2だと左下、3だと右下に表示されます。

indi_MtfInsideBar8

上図は、Cornerを1に設定しています。「Inside MTF Bar = ○○」の文字列が右上に表示されました。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。