Home » MT4スクリプト

川蝉HistoricalDataExport

2015年11月12日 木曜日 4 Comments
Pocket

川蝉HistoricalDataExportの概要

「川蝉HistoricalDataExport」は、私、川蝉が作成したオリジナルMT4スクリプトです。

このスクリプトは、MT4ヒストリカルセンターにあるデータを基に、複数通貨ペアのヒストリカルデータをcsv形式で一括してPCにエクスポートするためのスクリプトです。

ブローカーのヒストリカルデータを定期的にPCへ保存する作業がはかどります。

スポンサードリンク

スクリプトのダウンロード

ファイル配布所より利用規約に同意の上ダウンロードください。

インストール方法

スクリプトのインストール方法は、MT4スクリプトのインストール方法を参照してください。

スクリプトの使い方

まず、どの通貨ペアでもいいので、チャートをひとつ表示させておきます。

KawasemiHistoricalDataExport1

ナビゲーターウィンドウの「スクリプト」から「kawasemi_HistoricalDataExport」をダブルクリックします。

KawasemiHistoricalDataExport2

ダイアログが表示されるので、「パラメーターの入力」タブをクリックします。

下記パラメーター情報を参考に、パラメーターを設定して下さい。

Timeframe

出力したいヒストリカルデータのタイムフレームを以下の数値でセットしてください。

1分足:1
5分足:5
15分足:15
30分足:30
1時間足:60
4時間足:240
日足:1440
週足:10080
月足:43200

SubFolder

ヒストリカルデータをエクスポートするフォルダー名を設定します。

「MT4データフォルダ\MQL4\Files\サブフォルダ名\」の下にヒストリカルデータがエクスポートされます。

サブフォルダは自動で作成されますので、自分で作成する必要はありません。

CurrencyList

ヒストリカルデータをエクスポートしたい通貨ペア名をカンマ区切りで指定します。

デフォルトでは、「USDJPY,EURUSD,GBPUSD,EURJPY,GBPJPY」の5通貨ペアがセットされています。

通貨ペア名は、ご使用のブローカーによって表記が異なる場合があるので、MT4の気配値表示ウィンドウを参考に適切な通貨ペア名を設定ください。

DeleteDateTime

ここで指定された日時より前のデータはエクスポートファイルに含まれません。

省きたい期間がある場合は、「yyyy.mm.dd hh:mi」のフォーマットで日時をセットしてください。

例)2015.09.13 10:15 この場合2015年9月13日 10時15分以降のデータのみエクスポートされます。

年月日はピリオドで区切り、半角スペースの後に時間を記述します。

 

パラメーターの設定が終わったら「OK」ボタンをクリックします。

KawasemiHistoricalDataExport4

ターミナルウィンドウの「エキスパート」タブを表示させ、「export process completed!!」と表示されれば、エクスポートの完了です。

KawasemiHistoricalDataExport3

処理が完了すると、「データフォルダ\MAL4\Files\スクリプトで指定したサブフォルダ名」に、ヒストリカルデータがcsvファイルとして作成されます。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

4 Comments »

  • 45san

    お世話になっております。
    便利なスクリプト、ありがとうございます。

    複数チャート(28通貨ペア)の時間足のデータを取得し、エクセルで処理したいと思って、いろいろ勉強しています。
    エクセルのVBAでは無理なのがわかり、MT4のMQLでどうにかなるかもしれない、スクリプトでどうにかできそうだ、ということに気づき、スクリプトをMQLを勉強しているうちに、川蝉様のHPにたどり着きました。

    便利なスクリプト、毎日、毎時間利用させてもらっています。ありがとうございます。

    だがしかし・・・・・

    だんだん、欲が出てきまして‥‥
    こんなに便利だけれど、さらに便利になりたいと。

    1分足を処理したのち、5分足の処理。5分足を処理したのち15分足。‥‥

    これがまいにち、毎時間(4時間ごと)のしょりなので、一気に1分足5分足15分足30分1時間4時間日足と連続で処理できないかと、模索しています。
    自分の勉強にもなるので、いろいろ試しています。

    ところが、川蝉様のスクリプト以上のものは、できません‥‥。
    でも1分から日足、週足まで、一気に連続実行させたいという願いは消えません。

    勉強もかねて、いろいろ探しているのですが、なかなかうまくいきません。

    ということで、お願いですが、
    できれば、ソースコード等を公開することはできないでしょうか。

    ぜひともお願いします。川蝉様のスクリプトで、十分、これまでの作業と比べたら、十分なのですが、一気に連続実行させてみたい!という願いが消えません。
    よろしくお願いします。

  • 川蝉 (author)

    45sanさんへ

    コメント頂きありがとうございます。
    申し訳ありませんが、ソースコードの公開はしていませんのでご了承ください。

  • 45san

    お忙しいところ、返信ありがとうございます。

    そうですよね。当然、公開は無理だろうなと思いましたが、もしも、と思い、無理なお願いを、あえてしてみました。

    川蝉さんのスクリプトで、十分、便利なのでした。

    あとは、自分の勉強で、いろいろ探し、試したいと、思っています。

    ほしい、作ってみたいと思っていた自動作業、それ以上のスクリプトを、無料で使わせていただいております。特に複数の通貨ペアのデータ取得、複数チャートの一気の消去、すごいアイデア、発想、それとともに、実際のスクリプト公開、とても参考、力になっています。
    川蝉さんのおかげで、やっと過去検証用のデータを、抜けがなく、1分足から月足まで、28通貨11年間分、そろえることができました。ずっとここ8年間くらい、願っていたことが、実現できました。感謝感謝です。

    本当に、ありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。
    とりあえず、お礼を伝えたいと思いました。

    ずっとエクセルのVBAを勉強していましたが、MT4の言語も勉強したい、と思うようになりました。なぜなら、このようなすごいことが、実行可能なのだからと、川蝉さんに教えていただいたから、という感じです。
    書けば書くほど、感謝の気持ちが伝わらないような‥‥
    とにかく、すごい感謝していることを、伝えたいと思いました。ちょっと飲みすぎていますが、ありがとうございました。(ちなみに定年退職60歳です)

  • 川蝉 (author)

    45sanさんへ
    大変暖かいコメントありがとうございます。
    ここまで感謝して頂けるとは私も嬉しい限りです。
    それにしても、28通貨分のデータを取得されるとはすごいですね。
    私はドル円の検証だけでもひーこら言っています(笑)
    45sanさんの熱意には圧倒されてしまいます。
    過去データ完全自動ダウンロードツールは時間があれば作ってみたいですね。
    その場合特典ファイルとして提供するかもしれません。
    今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。