Home » MQL4プログラミングTips

特定日時のdatetime変数を取得する

2016年2月7日 日曜日 No Comment
Pocket

MQL4プログラミングにおいて、特定日時のdatetime変数を取得したいときは、StrToTime関数を使用します。

StrToTimeの仕様

datetime StrToTime(string value)

入力パラメータ
value:”yyyy.mm.dd hh:mi “フォーマットの文字列を指定

返り値
入力パラメーターで指定された日時の文字列に対応するdatetime変数

例えば、2016年1月10日16時30分のdatetime変数を取得したければ、以下のように記述できます。

datetime dt = StrToTime(“2016.1.10 16:30”);

入力パラメーターに時刻だけ指定することもできます。下記の場合は、当日の16時30分のdatetime変数が取得できます。

datetime dt = StrToTime(“16:30”);

時間を指定せず年月日のみ指定した場合は、指定日の00:00分のdatetime変数が取得できます。

下記の場合だと、2016年1月10日0時0分のdatetime変数を取得することになります。

datetime dt = StrToTime(“2016.1.10”);

特定日時のdatetime変数を取得できれば、iBarShiftを使って特定日時のバーの位置を特定することができ、様々なケースで応用できます。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。