Home » XM.com

XM MT4のデモ口座開設方法

2017年5月24日 水曜日 No Comment
Pocket

xm7906

MT4のデモ口座で川蝉がイチオシなのが「XMのデモ口座」です。

その理由については「初めてのMT4デモ口座はどの業者がいい?」で説明しました。

この記事では、具体的にXMデモ口座を開設してWindows版MT4を利用できるようにするまでの手順を2017年5月21日時点の情報を元に説明したいと思います。

XMのMac版MT4の利用を前提としたデモ口座開設方法は、「XM.com(XEMarkets)のMT4をMacで使ってみた」という記事で解説しています。一部の情報(デモ口座申請フォーマットやMT4が利用するサーバー情報等)が古くなっていますが、基本的には変わりませんので、Macを利用している方は当ページの情報と合わせてそちらも参照してみてください。

スポンサードリンク

Step1.XMホームページからデモ口座を開設

最初に、XMホームページからデモ口座の開設申請をしましょう。

XMデモ口座開設申請ページにアクセスします。

赤枠で囲まれたフォームに必要事項を入力していきます。

 記入はすべて半角英字で行います。

個人情報項目

  1. 名: (例)Ichirou
  2. 姓: (例)Suzuki
  3. 居住国: (例)Japan ※リストをスクロールさせて選んでください
  4. 都道府県・市: (例)Setagaya-ku Tokyo
  5. 電話: (例)+81301234567 ※+81に国内の市外局番の最初の0を抜かした数字を入力
  6. Eメール: ご自身のメールアドレスを入力してください

取引口座詳細項目

  1. 取引プラットフォームタイプ:MT4を選択
  2. 口座タイプ:スタンダード(1lot=100,000)を選択
  3. 口座の基本通貨: (例)JPY ※MT4のデモ口座資金を、どの通貨で管理するのかを選択します。通常はJPY(日本円)で問題ありません。
  4. レバレッジ: (例)1:888 ※最大レバレッジを利用する場合は、1:888を選択します。
  5. 投資額: (例)5,000,000 ※リストからMT4デモ口座で使用するための仮想資金量を設定します。

口座パスワード項目

  1. 口座パスワード: MT4からデモ口座にログインする際のパスワードを入力します。
  2. パスワードの確認: 1で入力したパスワードを確認のため再入力します。

「ニュースレター及びスペシャルオファーを受信することに同意し、XMの代表者から電話またはEメールで連絡を受けることに同意します。」にデフォルトでチェックがついていますが、別にチェックを外してもデモ口座は開設できます。

チェックを付けてデモ口座を開設するとと、XMから無料ウェビナー(WEB上での無料セミナー)等の案内メールなどが定期的に届きます。
もしXMからの案内メールが届くのが嫌な方はチェックを外してください。
※私の経験上チェックを付けて申し込んでも、今まで電話がかかってきたことは一度もありません。

上記項目をすべてを入力し、入力フォームの右横に緑のチェックマークが全てついた状態になったら「デモ口座開設」をクリックします。

xmmt4demoopen2

上の画面が表示され、登録したメールアドレスに認証用の確認メールが送られます。

上のHTMLメールが届いていることを確認してください。

メール内の「こちら」というテキストリンクもしくは、「Eメールアドレスをご確認ください」ボタンをクリックします。

※認証リンクは24時間のみ有効なので、メールを確認したらすぐにリンクをクリックして認証を行ってください。

ウェブブラウザで上の画面が表示されれば、XMのデモ口座の開設は完了です。

登録メールアドレス宛に「XMへようこそ」というHTMLメールが送られてくるので確認してください。

メールには、MT4からデモ口座にログインするためのログインIDと、ログインサーバー名が記載されているので、登録したパスワードと共に保管しておきましょう。

デモ口座は、最終ログインから90日以上経つと自動的に閉鎖されてしまうので注意してください。
もしも閉鎖されてしまったら、再度デモ口座の申請を行う必要があります。

Step2.XM MT4のダウンロード

XMホームページから利用するプラットフォームのMT4(Metatrader 4)をダウンロードしましょう。

送られてきた「XMへようこそ」というHTMLメール内の「XM取引プラットフォームをダウンロードする」をクリックするか、取引プラットフォームページにアクセスします。

※XMのウェブページはレスポンシブデザインを用いているため、ウェブブラウザの表示サイズによって上の画像と表示内容が異なる可能性があるので注意してください。

今回はWindows版のMT4をインストールするので、MetaTrader 4の項目の「PC対応MT4」をクリックします。

表示されたページ内の「ダウンロード」をクリックします。

ウェブブラウザが「xmtrading4setup.exe」というファイルをダウンロードしようとするので、ファイルをPC内に保存してください。

Step3.XM MT4のインストール

ダウンロードした「xmtrading4setup.exe」をダブルクリックしてインストーラーを起動します。

「はい、上記の全てのライセンス条項に同意します」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。

インストールが始まるので完了するまでしばらく待ちます。

インストールが無事に完了すると、「完了」ボタンが表示されるので「完了」ボタンをクリックします。

以上でMT4のインストール作業は完了です。

XM MT4の起動とデモ口座へのログイン

上のインストール完了画面で「完了」ボタンを押すと、MT4が自動で起動します。

「完了」ボタンを押さないままでいても、しばらくたつとインストール完了画面が自動的に閉じてMT4が自動で起動します。

デスクトップ上には「XMTrading MT4」というショートカットができているので、次回以降の起動はこれをダブルクリックすれば起動できます。

以下は、インストール完了後に自動でMT4が起動した直後の状態です。

画面中央の、「デモ口座の申請」ダイアログボックス内には、利用可能な取引サーバーの一覧が表示されています。

デモ口座開設完了後に受信した「XMへようこそ」というHTMLメールには「XMTrading-Demo3」にログインしろと指示されていたので、今回は、「XMTrading-Demo3」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

すでにデモ口座の開設が完了しているので、「既存のアカウント」ラジオボックスにチェックを入れます。

ログインとパスワードの所に、「XMへようこそ」というHTMLメールに書かれていたログインIDとデモ口座を開設する際に入力したパスワードを入力します。

次回MT4起動時にデモサーバーに自動ログインできるよう、「パスワードを保存」のチェックボックスにはチェックをいれておきましょう。

ログインIDとパスワードを入力したら「完了」ボタンをクリックします。

正常にログインできると、MT4右下のアイコンが緑色になります。

これで、XM MT4デモ口座を利用することができるようになりました。

最後に

今回はXMデモ口座を使ってWindows版XM MT4を利用できるようにするまでの手順を解説しました。

XMデモ口座での取引になれたら、リアル口座での取引に興味をもたれるかもしれません。

その場合、私がXMリアル口座を開設した時の記事「海外FX業者のXM.comに口座開設してみた」が参考になると思うので、その際は是非参照してみてください。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。