Home » XM.com

XM.comの口座の有効化で3000円をゲット

2015年10月22日 木曜日 No Comment
Pocket

海外FX業者のXM.comに口座開設してみた」にて、XM.comの口座開設手順を解説しましたが、口座を開設しただけの段階だと利用に制限が生じます。

すべての制限を解除するには、口座開設後に本人確認書類と住所確認書類をアップロードして「口座の有効化」を行う必要があります。

口座の有効化をしないとどうなる?

口座を有効化しないで放置しておいたらどうなるのでしょうか?

口座開設ボーナスの3000円がもらえない

せっかくのボーナス特典である口座開設ボーナスの3000円を貰うことができません。

口座開設ボーナスを貰うためには、口座開設日から30日以内に口座の有効化を行う必要があります。

初回入金は20万円まで

初回入金額20万円以下であれば取引を行うことができます。

20万円以上の取引は口座の有効化が必要です。

出金できない

口座の有効化を行っていないと出金することができません。

せっかく取引して利益を出しても出金できなきゃ意味ないですね。

口座の有効化を行う方法

せっかくの口座開設ボーナスを貰うためにも、口座開設が完了したらすぐに「口座の有効化」を行っておきましょう。

以下に、口座の有効化手順を解説します。

ステップ1:本人確認書類と住所確認書類のデジタルデータを用意

口座開設を行うには、本人確認書類と住所確認書類をホームページからアップロードする必要があります。

そのため、前もって本人確認書類と住所確認書類をスキャナーでスキャニングしたり、デジタルカメラやスマートフォンで撮影するなどしてデジタルデータ化してPCに保存しておきましょう。

ファイルサイズは4MB以内にする必要があります。

受付できるファイルフォーマットは GIF、 JPG、 PNG、 PDFの4種類です。

ただ、PDFは止めておいた方がいいかもしれません。

私は最初、住所確認書類をスキャナ経由でPDFファイルにしてアップロードしようとしたのですが、アップロード時にエラーが発生してどうしてもアップロードできませんでした。

結局、JPGファイルを作成してアップロードしなおしました。

本人確認書類として使用できる書類

日本人の場合は、パスポート、運転免許証、顔写真付き住基カードが使用できます。

必ずカラー画像でデータを作成する必要があるので注意してください。

住所確認書類として使用できる書類

登録住所の確認ができる過去6カ月以内の公共料金(ガス、電気、水道、携帯電話、インターネット、ケーブルテレビやクレジットカードなど)の請求書、過去 6カ月以内の住民票、有効な運転免許証(住所変更で裏面に記載がある場合は裏面も提出)、有効な健康保険証(住所が裏面、手書きの場合は受付不可)

住所確認書類として運転免許証を使用する場合は、本人確認書類は運転免許証以外のものにする必要があるので注意してください。

ちなみに、私は本人確認書類に運転免許証、住所確認書類は住民票を使用しました。

ステップ2:会員ページから書類データをアップロード

まずは「XM.com」のホームページにアクセスします。

xm_acountacti

赤枠で囲んだ「会員ログイン」とかかれた所をクリックします。

※XM.comのウェブページはレスポンシブデザインを採用しており表示画面サイズの大きさにって表示内容が変わる点に注意

xm_acountacti0

「会員ページへのアクセス」画面が表示されるので、口座開設の際に発行されたMT4 IDと登録パスワードを入力し「ログイン」ボタンをクリックして会員ページにログインします。

xm_acountacti1

口座の有効化を行っていない場合、ログイン後のホーム画面に上の表示があるはずです。

「今すぐ口座を有効化する」をクリックします。

xm_acountacti2

身分証明書、住所確認書欄にある「参照ボタン」をクリックし、PCに保存している書類データを選択してください。

参照ボタン左横に緑のチェックマークが付いていることを確認し、「書類をアップロード」をクリックします。

xm_acountacti3

成功すると、緑のボックスのように「書類アップロード済」と表示されます。

私の場合、上述したように、住所確認書類をpdfファイルでアップロードした際に住所確認書類の方だけエラーが発生してしまいました。

結局、住所確認書類をJPGファイルで作り直して再度アップロードし、書類のアップロードを完了しました。

書類のアップロードを完了すると、「証明書類アップロード完了通知」メールが登録しているメールアドレス宛に送られてきます。

身分証明書、住所確認書の両方のアップロードを完了したらあとは、審査が完了するのを待つだけです。

審査が完了すると、XMより「口座有効化および顧客区分のお知らせ」というメールが届きます。

私の場合、証明書類アップロード完了通知メールが23:01分に届き、口座有効化および顧客区分のお知らせメールが翌日10:52分に届きましたので、書類をアップロードしてから約12時間程度で「口座の有効化」が完了しました。

口座有効化および顧客区分のお知らせメールが到着したらさっそく会員ページにログインして確認してみましょう。

xm_acountacti4

会員ページにログインして、右カラムを見てみると「有効化済み口座」と表示されていることがわかります。

これで、制限なしにXMを利用することができるようになりました。

口座開設ボーナスの3000円を請求しよう

口座の有効化が完了したのでとっとと口座開設ボーナスを貰ってしまいましょう。

xm_acountacti5

会員ページにログインすると、ホーム画面トップに緑枠で口座開設ボーナスの請求案内が表示されているはずです。

「今すぐボーナスを請求」ボタンをクリックします。

xm_acountacti6

「ご入金なしのボーナス」画面が表示されるので、携帯電話番号を+81の後ろのテキストボックスに入力します。

入力は先頭の0を取った数字を入力しえください。例)090-1234-5678の場合「9012345678」を入力

携帯番号を入力したら「認証コードを電子メールに送付」をクリックします。

すると、登録メールアドレス宛に認証コードが記載されているメールが送られてきます。

認証コード入力画面で、メールに記載されている認証コードを入力し、確認ボタンをクリックします。

※認証コード入力画面をキャプチャーするのを忘れてしまいました。画像なしですみません。

xm_acountacti7

正しい認証コードが入力されると、「口座開設ボーナスの請求が完了しました。」と表示されます。

これで、口座開設ボーナス3000円の請求プロセスは完了です。

お疲れ様でした。

最後に口座に口座開設ボーナス3000円が反映されているか確認しましょう。

会員ページのホーム画面にある「口座概要」という項目を見てください。

xm_acountacti8

余剰証拠金、有効証拠金に3000となっていますね。

口座ボーナスが反映されていることがわかります。

MT4にログインしてターミナルウィンドウでも確認してみましょう。

xm_acountacti9

このように、有効証拠金、余剰証拠金に3000が反映されています。

これでこの3000円を使って入金することなくノーリスクで取引を行うことができます。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。