Home » JForexプログラミング入門

JForexプログラミング入門その7-Order Amounts(注文数量)

2016年5月12日 木曜日 No Comment
Pocket

Programing

今回は、JForex APIで発注する際の取引数量について解説します。

デューカスコピー・ジャパン 口座開設

JForex APIでの注文数量の取り扱い

JForex APIでは注文数量の単位が100万通貨単位となります。

例えばUSD/JPYを注文数量1でBUYオーダーした場合は1,000,000ドルのポジションを持つことになります。

最小のポジション数量は1000通貨(XAG/USDとXAU/USDを除く)となり、APIで最小取引数量を指定する場合は、0.001を指定します。

XAG/USDの最小ポジション数量は50、XAU/USDは1通貨となります。

ただし、デューカスコピージャパンではXAG/USD、XAU/USDは取引できません。

以下は最低取引数量を発注する例です。

最小増加単位と丸め処理

1000通貨以上であれば、1通貨単位で数量を指定することができます。

例えば以下のように指定して注文すれば、1001通貨のポジションが持てます。

1通貨以下の単位まで数値を指定した場合は丸め処理が行われます。

例えば、以下のように指定すると、0.001234の後の5が四捨五入され、1235通貨の発注をすることになります。

デューカスコピー・ジャパン 口座開設

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。