Home » 健康管理

Amazonプライムデーで購入したエアロバイクが届いたので紹介

2017年7月14日 金曜日 No Comment
Pocket

全国のFXトレーダーの皆さん、毎日運動していますか?

専業トレーダーだと家にこもりっぱなしで運動不足になっている方も多いのではないでしょうか。

私も2か月前まで運動を全然やってなくて、ぶくぶく太る一方でしたが、お腹がかなりのメタボ状態で、さすがにこのままだとやばいことを自覚してしまいました。

見た目もみっともないし、将来絶対やばい病気にかかりそうな感じがしたので2か月前にダイエットを開始。

現在、週に5日の一般的な筋トレ(腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワット)を2か月程度、毎日30分から1時間程度のウォーキングとプランク(体幹トレーニング)を24日ほど継続中です。

ちなみに、今の時点で、ダイエット開始前より腹回りマイナス4センチ、体重マイナス4キロ達成となっています。

そんなおり、かねてからほしいなと思っていたエアロバイクがAmazonプライムデーで安売りセールしていたので、思わずポチット購入してしまいました。

ツイッターでも報告しましたが、購入したエアロバイクはALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200 8段階負荷調節 スタンダードモデルです。

 

早速届きましたので、開封して組み立ててみました。

アルインコ エアロバイクAF6200開封の儀

届いた時はこんな状態。重量は22キロあるので結構な重量感があります。

女性だと一人で運ぶのはしんどいかもしれません。

早速箱を開けて中身を出すとこんな感じ。

で約40分ぐらいかけて汗をたらしながら組み立てました。

組み立てはそれほど難しくはないですが、一人で組み立てるとそこそこ時間がかかりました。

そして完成すると以下のようになります。

1時間ほど使用してみましたがなかなかいい感じです。

8段階の負荷調節機能がありますが、低いレベルでも結構しんどかったです。

上位モデルに16段調節できるモデルがありますが、ダイエット目的なら8段階あれば十分だと思います。

使ってみてわかったのですが、サドルが固くてクッション性がないので長時間乗るとお尻が痛くなります。どうやら別売で「クッション サドルカバー」があるらしく、それを付けないとお尻が痛くなるというレビューがあちらこちらにあるのを今更ながら発見。

しばらく使ってみて耐えられなくなったらクッションサドルカバーの購入を考えたいと思います。

これからエアロバイクの購入を考えている方はクッションサドルも同時に購入されることをお勧めします。

以上、簡単ですが購入したエアロバイク「ALINCO AF6200」の紹介でした。

もう少し使い方に慣れたら、詳しい利用レビューを投稿したいと思います。

同時に購入した筋トレグッズ

今回エアロバイク以外にもセールで安くなていた3つの筋トレグッズを購入しましたのでついでに紹介しときます。全てアルインコ製です。

【Amazon.co.jp限定】ALINCO(アルインコ) ヨガマット FYG204A

筋トレやストレッチする時にやっぱりマットはあったほうがいいです。もっと早く購入しておくべきでした。

【Amazon.co.jp限定】ALINCO(アルインコ) プッシュアップバー EXG228A

腕立て伏せをするときに右腕の手首に痛みが出るようになってしまったため、プッシュアップバーを購入。痛みを気にせず腕立て伏せができるようになったので購入してよかったです。

【Amazon.co.jp限定】ALINCO(アルインコ) エクササイズホイール EXG229A 腹筋ローラー

腹筋ローラーを使うと腹筋がバキバキに割れるそうです。上半身も鍛えられるしいろんなところで絶賛されていたのでいずれ購入しようと思っていた所、一緒にセールしていたので買ってしまいました。

ある程度お腹まわりの肉が落ちてから使い始めたいと思います。目指せシックスパック。

最後に

年内に腹回りは最低でもあと10センチ、体重はあと8キロほど落としたいです。

脂肪燃焼するには有酸素運動をするしかないので、ウォーキングとエアロバイクを継続して頑張ろうと思います。

途中経過なども気が向けば公開したいと思います。

FXトレーダーの皆さんも健康をまず第一に考えましょう。

いくら金があっても病気になってしまえば元も子もありませんので。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。