Home » Dukascopy Japan

デューカスコピー JForex次期バージョンβ版 変更点まとめ

2016年8月29日 月曜日 No Comment
Pocket

jforexbeta0

2016年8月25日より、デューカスコピー・ジャパンの取引プラットフォームJForexの次期バージョンβ版の提供が開始されました。

現時点では、β版はデモ口座専用となっていて本番環境ではまだ利用できませんが、とりあえず現行バージョンと何がどう変わっているのか、さっそく利用して調査してみました。
デューカスコピー・ジャパン 口座開設

JForexベータ版の利用方法

下記ページにアクセスします。

https://www.dukascopy.jp/japan/japanese/forex/trading_login/

jforexbeta19

ダウンロード版 JForex内の「デモ版JForex3(β版)」をクリックします。

jforexbeta20

※上の画像はFirefoxブラウザを使用した場合の表示です。

dukascopy-jp_3.jnlpを開くダイアログが表示されるので、プログラムで開くを選択し「OK」ボタンをクリックします。

jforexbeta21

このアプリケーションを実行しますかと表示されたら「実行」ボタンをクリックします。

jforexbeta22

デモ口座のログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックすると、JForexが起動します。

JForexβ版での変更点

フラットデザインを採用

jforexbeta0

β版のデザインは流行のフラットデザインを採用し、シンプルかつポップな感じになっています。

新規注文パネルにスプレッドが表示されより便利に

こちらが以前の発注パネルです。

jforexbeta1

以下はβ版の発注パネル。

jforexbeta2

レートの2Wayプライス表示の真ん中にスプレッドが表示されるようになり、スプレッドが瞬時にわかるようになりました。

発注パネルから通貨ペアの切り替えが可能に

現行バージョンでは、銘柄リスト内に通貨ペアを登録した後に通貨ペアを選択して取引通貨ペアを切り替えていました。

β版では2Wayプライス表示の上に表示されている通貨ペア名の右端をクリックして一覧から選択することで瞬時に取引通貨ペアを変更することができます。

通貨ペア名右端のをクリックすると以下のように通貨ペア名のリストが表示されます。

jforexbeta24

リストから、取引したい通貨ペア名を選択すれば、銘柄リストに自動的に選択した通貨ペア名が登録され、取引通貨が変更されます。

jforexbeta25

また、2Wayプライス表示の上に表示されている通貨ペア名の右端ではなく通貨ペア名そのものをクリックすると、入力ボックスが表示され、文字を入力することで通貨ペアを絞り込むこともできます。

jforexbeta26

銘柄リストパネルに通貨ペアの検索機能が追加された

銘柄リストパネルから通貨ペアを追加する際に、検索ボックスを利用できるようになりました。

jforexbeta13

検索ボックスを使用すれば、追加したい通貨ペアを簡単にリストに追加できます。

jforexbeta14

一文字入力する毎に該当する通貨ペアをフィルタリング表示してくれます。

追加したい通貨ペア名横にある「プラス」をクリックすれば、銘柄リストに登録されます。

他にも、検索ボックス横の「+」ボタンからリストを表示させて通貨ペアを選択することが可能。

リストの一番上のボックスにキーワードを入力すれば、絞り込むこともできます。

jforexbeta15

インディケーターを表示させたいタイムフレームを選択できるようになった

現行バージョンのJForexの場合、インジゲーターを設定するとすべてのタイムフレームにインジゲーターが適用されていました。

β版では特定のタイムフレームのみにインジゲーターを表示するといった設定が可能になっています。

以下は現行バージョンのインジゲーター追加画面

jforexbeta3

以下はβ版のインジゲーター追加画面

jforexbeta4

インジゲーター追加画面はタブで設定項目が分割される形に変更されました。

アドバンスタブ内に「全ての期間にてインディケーターを表示」という箇所があり、デフォルトではチェックがついているのですが、そのチェックを外すと、右側にチャートのタイムフレームのチェックボックスが表示されるようになり、インジゲーターを表示したいタイムフレームを自分で指定できるようになります。

MT4では普通に利用できる機能でしたが、ようやくJForexでも可能になりました。

チャートへのインディケーターの適用がより簡単に

現行バージョンのWorkspaceパネルがナビゲーターパネルに名称が変更され、インディケーターという項目が新設されました。

これに伴い、現行バージョンのカスタム・インディケーター項目は、インディケーター項目の中に統合されました。。

以下は現行バージョンのWorkspaceパネル

jforexbeta5

以下はβバージョンのナビゲーターパネル

jforexbeta6

インディケーターの「標準搭載」項目を展開すると、JForexに標準搭載されているインディケーター一覧が表示されます。

jforexbeta7

適用したいインディケーターをチャートにドラッグ&ドロップするだけでインディゲーターを適用することができます。

ただ、ドロップした際にインディケーターの設定画面は表示されず、デフォルトの設定が適用されてしまうのでそこはまだ改善が必要かと思います。

ドロップ時にパラメーターの設定ができるようにしてほしいですね。

JForex全体を拡大表示するズーム機能搭載

設定メニュー、拡大から画面のズーム率を選択することで、JForexの画面を拡大することができます。

jforexbeta8

なお、チャート画面以外のところにマウスカーソルがある状態でCtrl+マウスの中ホイールを回転させることでも拡大縮小を行うことができます。

ポップアップによる注文通知機能

発注や決済を行った際に、JForexの右下部分に数秒ほど注文に関する通知が表示されるようになりました。

jforexbeta10

35種類のインディケーター追加

公式には35種類のインディゲーターを追加とありましたが、私が調べたところ以下の38種類が新たに追加されているようです。

  1. BBANDSFIB
  2. BBANDWIDTH
  3. CDMI – Chande’s Dynamic Momentum Index
  4. CHAIKIN_VOLATILITY – Chaikin’s Volatility
  5. CHOP_INDEX – Choppiness Index
  6. CQS – Chande’s QStick
  7. CTS – Chande’s TrendScore
  8. DARVAS_BOX – Darvas Box
  9. DISP_INDEX – Disparity Index
  10. EF_TRANSFORM – Ehlers Fisher Transform
  11. ELLOSC – Elliott Oscillator
  12. GANN_HILO – Gann HiLo Activator
  13. GANN_SWING – Gann Swing Oscillator
  14. GANN_TREND – Gann Trend Oscillator
  15. INERTIA – Inertia
  16. KBANDS – Keltner Bands(Based on ATR)
  17. KER – Kaufman’s Efficiency Ratio
  18. KURTOSIS – Kurtosis
  19. LRSI – Ehlers Laguerre Relative Strength Index
  20. MASS_INDEX – Mass Index
  21. MCCLHIST – MaClellan Histogram
  22. MCCLOSC – McClelan Oscillator
  23. MCCLSUM – McClellan Summation Index
  24. P/L – Profit/Loss
  25. R2 – R-Squared
  26. RAINBOW – Rainbow Charts
  27. RAINBOW_OSC – Rainbow Oscillator
  28. RAVI – Chande’s Range Action Verification Index
  29. RMTA – Recursive Moving Trend Average
  30. STARC_BANDS – Stoller Average Range Channels(STARC Bands)
  31. ST_CYCLE – Schaff Trend Cycle
  32. TCF – Trend Continuation Factor
  33. TII – Trend Intensity Index
  34. TOSC – Trend Oscillator
  35. TSI – True Strength Index
  36. TTF – Trend Trigger Factor
  37. VIDYA – Chande’s Variable Index Dynamic Average
  38. VQI – Volatility Quality Index

取引単位表示にロット(10万通貨単位)を追加

オプション設定画面、銘柄タブ、取引単位表示にて、「ロット(10万通貨単位)」を設定することができるようになりました。

jforexbeta11

取引単位表示にて、「ロット(10万通貨単位)」を設定すると、最少発注単位が0.01(1000通貨)に変更されます。

jforexbeta12

MT4と同じ感覚で取引数量を設定することができます。

プラットフォームのテーマが変更できる

現行バージョンではプラットフォームのテーマを変更することはできませんでしたが、β版ではプラットフォームのテーマを変更することができるようになりました。

jforexbeta16

設定メニュー、テーマよりテーマの切り替えが可能です。

現時点では、デフォルトのテーマと暗色のテーマの2つが選択可能なようです。

以下は、暗色のテーマを選択した状態のJForexプラットフォームです。

jforexbeta17

ストラテジー(自動売買ソフト)のサンプルを搭載

ナビゲーターパネル、ストラテジの「サンプル」内に以下の3つのサンプルソースファイルが搭載されました。

  • BollingerBandExample
  • SMACrossExample
  • SMASmallExample

jforexbeta18

自動売買プログラムを作ってみたい人は、これらのサンプルソースを見て参考にすることができます。

その他

以上が主な変更点ですが、他にも細かなインターフェース上の変更や使い勝手が改善されていたりします。

例えば、板情報の総量表示が、現行バージョンだと上部にありましたがβ版は下部に移動しています。

jforexbeta27

また、板情報の上で右クリックすると、表示レベルを変更できたりします。

jforexbeta28

まとめ

軽く触っただけですが、現行バージョンよりは確実に使いやすくなっていました。

ただレポート関連は相変わらずWebレポートオンリーでいただけないです。

約定履歴ぐらいツール内でみれるようにしてほしいなぁ。

あと、自動売買関連の機能改善がなかったことも残念ですね。

今後の機能改善に期待したいと思います。

JForexは標準で数多くのインディゲーターが搭載されており、チャート関連も細かく設定できるので、使いこなせばかなり便利です。

興味がある方は是非β版も試してみてください。
デューカスコピー・ジャパン 口座開設

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。