Home » Blaster

MT4 EA「Blaster」の検証

2015年7月26日 日曜日 No Comment
Pocket

この度、FX-onで販売されている「Blaster」というEAを検証させてもらえることになりました。

フォワードテストを始める前にどんなEAなのかまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

BlasterってどんなEA?

FX自動売買EA「Blaster」の特徴をまとめてみます。

 取引対象通貨ペア

XAU/USD(金/ドル)、AUD/USD(オージードル/ドル)、GBP/USD(ポンド/ドル)、EUR/USD(ユーロ/ドル)

1つのEAで複数通貨の取引に対応しているマルチカレンシー対応EAとなっています。

使用する時間足

使用する時間足は1時間足でのトレードとなります。

運用可能FX業者

作者様によりますと、「通常の通貨ペア表記」、「サーバー時間はGMT+3 (+2)」、「複数稼働のエントリーに耐えられる」の3条件が必須とされており、その条件を満たす推奨FX業者として「FxPro」が推奨されています。

特徴

■中期のMACDクロスと、抵抗線のブレイクでエントリー

抵抗線のブレイクでエントリーということでジャンル的にはトレンドフォローEAと言えます。

■両建て・ナンピン・週末の持越し原則なし

大量の含み損を抱える心配もなく、週末の持ち越しもしないため、大きなストレスを抱えることなく運用できそうです。ただ、両建て・ナンピンは完全禁止しているわけではなく、極まれに行うこともあるようです。これはユーザーが設定で完全に禁止することも可能です。

■高勝率 &高プロフィットファクター

販売ページには、XAU/USD(金/ドル)として、高勝率90% & プロフィットファクター 約5倍!と記載されています。

しかし、掲載されている2012/7/2~2015/6/30のバックテストを見てみると、勝率87.21%、プロフィットファクター3.83となっており表記と食い違いがありますね。

勝率はまーいいとしても、PFは盛りすぎです。それでもかなり高いPFなのは間違いないですね。

2012/7/4~2015/6/30 までの4通貨ペアのバックテストを統合させた場合のPFは2.33、勝率は72.464%、相対ドローダウンは5.805%となっており、かなり期待が持てる成績となっています。

詳細を販売ページで確認する

所感

まず販売ページに掲載されているバックテスト期間が短すぎます。この点は私が後で長期のバックテスト結果を出して結果をまとめたいと思います。

あと、複数通貨ペアを取引しますが、過去3年のバックテスト期間において、取引回数がと345回と比較的少なめの数値となっています。

そのため、私が行う検証期間での取引数も当然少ないものになると思われ、あまり有効な検証は行えないかもしれません。

ただ、高勝率、高PF、低ドローダウンのEAなので、短い検証期間でどれだけの成績を残してくれるのか楽しみでもあります。

フォワード検証方針

MT4 EA「Blaster」のフォワード検証は以下のとおり行いたいと思います。

検証に使用するFX業者

作者様推奨のFX業者「FxPro」のデモ口座(固定スプレッド)を利用して検証を行いたいと思います。

デモ口座(固定スプレッド)の方は通貨ペア名の末尾に余計な文字がくっつくようです。

通常の通貨ペア表記が必須条件で上げられているので、通常表記であるデモ口座(変動スプレッド)での検証に変更します。

検証期間

検証期間は3ヶ月とします。

検証開始日

2015年8月3日より検証を開始します。

パラメーター設定

すべてデフォルト設定とします。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。