Home » 自作EA運用記

自作EAの運用方法を考える

2014年8月17日 日曜日 No Comment
Pocket

自作のEAを「OANDA」で運用することに決めたわけですが、運用するにあたって初期条件をどうするか決めなければいけません。

最初の投入資金はいくらにするのか?運用レバレッジは何倍で運用するのか、いつから運用を開始するのかといった具合です。

今回、OANDA JAPANのベーシックコースで口座を開設したわけですが、ベーシックコースには1回の注文は5万通貨までという条件で、0.3という極小スプレッドが利用できる利点があります。

その有利な条件を活用し、できるだけ少額資金で初めて効率よく資金をふやしたいわけです。

まずは少額資金から運用して様子を見たいので、最初は10万円から自動売買運用をスタートしたいと思います。

そこで、レバレッジを5倍、10倍、15倍、20倍に設定しそれぞれバックテスト結果を比較検討してみます。

レバレッジ以外の設定値は以下の通りとします。

  • 通貨:ドル円
  • テスト期間:2006.01.01 – 2013.12.31
  • 開始資金:1000ドル
  • スプレッド:2

結果は以下の通りとなりました。

レバレッジ5 レバレッジ10 レバレッジ15 レバレッジ20 レバレッジ25
総損益(ドル) 17818.31 102116.26 560177.77 1039721.29 3527675.33
ドローダウン 30.72% 39.31% 55.35% 72.04% 77.63%

資金約10万円から初めて8年で1億達成できるのはレバレッジ20以上という結果になりました。しかしやはりレバレッジが高い分、ドローダウンも半端なくでかいです(笑)

まともな人はドローダウンが70%以上もある自動売買システムなど運用しません。しかし、それをやっちゃうのがまともではない私です(笑)

最悪なくなっても致命的ではない10万円という少額から始めるわけですから、この際ハイリスク運用しちゃいます!

で、レバ20とレバ25どっちを選ぶんだということですが、レバ25というのは個人が日本のFX業者で取引できる最大のレバレッジです。

やはり多少の余裕は持たせたいということで、レバレッジ20倍運用で決定したいと思います。ただし、ある程度資金が増えた段階でレバレッジは、当初運用を考えていた10倍程度に戻すことも考えています。

さて、あとはいつから運用しようかという点ですが、現在OANDAの口座開設手続き中ですので、口座開設手続きが完了次第すぐにでも運用を開始したいと思います。

来週中にはスタートできるでしょう。

ということで、運用方針は、開始資金:10万円、レバレッジ:20倍、開始時期は来週中ということで決定です。

以下に、それぞれのバックテストの詳細な結果を掲載しておきます。

■レバレッジ5倍のバックテスト結果

バックテスト画像

■レバレッジ10倍のバックテスト結果

バックテスト画像(レバ10)

■レバレッジ15倍のバックテスト結果

バックテスト画像(レバ15)

■レバレッジ20倍のバックテスト結果

バックテスト画像(レバ20)

■レバレッジ25のバックテスト

バックテスト画像(レバ25)

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。