Home » 自動売買環境構築

使わなくなった古いPCをMT4専用PCとして復活させる方法

2016年7月27日 水曜日 No Comment
Pocket

linuxbean72

MT4はマシンパワーをそれほど必要とするソフトウェアではありません。

もし使わなくなった少し古い型のPCを持っているなら、そのPCをMT4専用PCとして有効活用しないのはもったいないです。

私の家にも、Windows XP時代に使用していた以下の古い自作PCが眠ったままになっていました。

  • CPU:インテル Intel Core 2 Duo 6400
  • メモリ:2GB
  • ハードディスク:80GB
  • トレイの開閉に難のあるCD-ROMドライブ

今回はこの古いPCを、MT4専用PCとして復活させる方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

OSにはlinuxbeanを使おう!

Linuxbeanとは何ぞやという方が大半でしょう。

簡単に説明すると、軽快に動作するlinuxディストリビューションです。

なぜWindows XPではなく、Linuxなのか?ですが、Windows XPは2014年4月9日にマイクロソフトがサポートを終了しており、更新プログラムが提供されなくなったため、セキュリティ上危険な状態が残されたままとなっているからです。

Windows XPは、今でもオフラインPCとしてなら充分利用できるOSではありますが、セキュリティ的に問題のあるWindows XPをインターネットに接続できる環境で使用し続けるのは好ましくありません。

そこで、無料で利用できるLinuxを使おうというわけです。

古いPCを特定の用途で利用するために、わざわざ新しいバージョンのWindowsを購入する必要はありません。

そして、数あるLinuxディストリビューションの中から「linuxbean」を採用するのかというと、非常に軽快に動作するOSとなっているからです。

linuxbeanの特徴

  • OSとしての動作が非常に軽い
  • メモリが小容量(256MB )でも動く
  • Wine標準搭載でMT4すぐにでも動かせる
  • 初期状態で日本語が使える
  • 初心者にも使いやすい
  • .isoイメージのサイズが650MB程度なのでCD-Rメディアに焼ける

以下、linuxbeanプロジェクトページより引用です。

linuxBean は、「軽くて速くて即使える」ことを目標に据えた、ubuntu派生のLinuxディストリビューションです。調整しなくても日本語が 使え、すぐにネットに繋がり、欲しいソフトが簡単が探せる、Linux初心者が古いPCを再生させるための切り札を目指しています。

設計思想自体、MT4専用PCとしてPCを再生させるのにもってこいですね。

linuxbeanの必要動作環境は以下の通りです。

【12.04 推奨環境】

  • ディスクの空き:8GB 以上
  • CPU:i386 800MHz 以上
  • メモリ:256MB 以上

【14.04 推奨環境】

  • ディスクの空き:10GB 以上
  • CPU:i686(Pentium M, Celeron M 以降)及びそれらと互換性のあるプロセッサ。(PAE必須)
  • メモリ:384MB 以上

残念ながら以上の条件を満たしていないPCは今回の記事を利用した復活はできませんので注意してください。

うちの古いPCは上記条件をクリアしていますので、LinuxbeanをインストールしてMT4専用PCを構築したいと思います。

linuxbeanのダウンロード

linuxbeanインストールCDを作成するために、isoイメージファイルをプロジェクトページよりダウンロードします。

linuxbeanプロジェクトページ中ほどにダウンロードという項目があります。

linuxbean1

今回は、2016年7月24現在の最新バージョンである14.04のlinuxbeanをダウンロードします。

「linuxBean 14.04 (Trifolium) 14.04.4-160415」をクリックすると以下のページが表示されます。

linuxbean2

「bean14044-160415.iso」をクリックするとファイルをダウンロードしようとするので、PCにファイルを保存してください。

LIVE CDを作成する

LinuxbeanをCDから起動できるようにするためにLive CDを作成します。

CDを使用せずに、USBメモリから起動することもできます。

USBメモリから「Linuxbean」を起動したい場合は、「LinuxbeanをUSBメモリから起動する方法」を参照してください。

ダウンロードした「bean14044-160415.iso」ファイルを右クリックして表示されるメニューから「ディスクイメージの書き込み」をクリックします。

linuxbean3

Windows ディスクイメージ書き込みツールが立ち上がります。

linuxbean4

「書き込み」ボタンをクリックして書き込みを開始します。

処理が終われば、Live CDの完成です。

linuxbeanをインストール

先ほど作成したLive CDを利用してさっそく古いPCにlinuxbeanをインストールしていきましょう。

BIOSの起動ドライブの優先順位設定で、CD/DVDドライブを最優先に設定し、Live CDをCDブートで起動させます。

linuxbean5

「Normal Live boot」を選択し「Enter」キーを押します。

linuxbean6

LinuxBeanがCDから起動した状態になります。

画面中央の「LinuxBeanへようこそ」の画面を「OK」ボタンをクリックして閉じます。

linuxbean7

画面左上にある「linuxBean14.04のインストール」アイコンをダブルクリックするとインストーラーが起動します。

linuxbean8

ようこそ画面で「日本語」が選択されていることを確認して「続ける」をクリックします。

linuxbean9

インストールを行うにはインターネットに接続されれている必要があるので注意してください。

「インストール中にアップデートをダウンロードする」と「サードパーティーのソフトウェアをインストールする」にチェックを入れ「続ける」をクリックします。

linuxbean10

インストールの種類でどのようにインストールするのか設定します。

今回は、すでにインストールされているWindows XPをすべて消去して「linuxbean」のみのシステムにします。

そのため、「ディスクを削除してlinuxBeanをインストール」を選択し、「続ける」をクリックします。

linuxbean11

ドライブの選択で、インストールするドライブを選択し、「インストール」ボタンをクリックします。

linuxbean12

「ディスクに変更を書き込みますか?」という確認ダイアログが表示されるので「続ける」をクリックします。

linuxbean13

Tokyoと表示されていることを確認して「続ける」をクリックします。

linuxbean14

キーボードレイアウト画面で「日本語」が選択されていることを確認し「続ける」をクリックします。

linuxbean15

赤枠で囲ったところをすべて入力します。

あなたの名前、コンピューター名、ログインに使用する(ユーザー名、パスワード)情報をすべて入力します。

コンピューターの名前は今回MT4PCとしました。

ログイン時にパスワード要求をされたくない場合は「自動的にログインする」を選択してください。

すべての入力がおわったら「続ける」をクリックします。

すると、linuxbeanのインストール作業が開始されるので、完了までしばらく待ちましょう、。

linuxbean16

インストールが完了すると、上のダイアログが表示されるので、「今すぐ再起動する」をクリックします。

linuxbean17

再起動すると、上のような選択画面が表示されるので「Ubuntu」を選択します。

linuxbean18

「ログイン時にパスワードを要求する」を選択していた場合、ログイン時にユーザーを選択する画面が表示されるのでユーザー名をクリックします。

linuxbean19

パスワードを入力する画面が表示されるので、インストール時に設定したパスワードを入力して「Enter」を押します。

linuxbean20

ログイン後、上の「linuxBean 設定ウィザード」ダイアログが表示されると思います。

ここで、「Wineの文字化け対策」にチェックを入れ「OK」ボタンをクリックします。

linuxbean21

以下の変更を適用しますか?と確認ダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

linuxbean22

Terminalが立ち上がり、「パスワードを入力してください」と促されるので、ログインパスワードを入力し、「Enter」キーを押します。

すると更新処理が実行されます。

linuxbean23

「処理が完了しました」と表示されたら、「エンター」キーを押して画面を閉じます。

linuxbean24

パッケージインストールのログファイルが表示されるので、右上の×をクリックしてウィンドウを閉じます。

以上で、linuxbeanのインストール作業は終了です。

お疲れ様でした。

最後に

Linuxbeanがインストールできたら、次はLinuxbeanにMT4をインストールします。

MT4のインストール方法は、「linuxbeanにMT4をインストールする」で解説しているので、そちらをご覧ください。

MT4で自動売買させるためにハイスペックPCをわざわざ使うのはもったいないです。

もし使っていない古いPCを持っている方は、ぜひLinuxでの運用にチャレンジしてみてください。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。