Home » 自動売買環境構築

自動売買用PC用に最適なハードディスクは?

2016年7月19日 火曜日 No Comment
Pocket

hard-disk-775847_640

先日、雷のせいで自宅のブレーカーがPC起動中に3回も落ちてしまい、メインPCのハードディスクが異常動作するようになってしまいました。

そのせいでハードディスクを買い換えることにり、FX自動売買を行うPCに使用するハードディスクはどれが良いのかを調べてみました。

SSDにしてもいいのですが、24時間起動しっぱなしの自動売買PCでは起動速度とかどうでもいいし、いろいろめんどくさい点もあるので個人的にはコストパフォーマンスに優れているハードディスクのほうがいいのではないかと思います。

スポンサードリンク

信頼性の高いHDDメーカーはどこ?

信頼性の高いハードディスクメーカーを調べるために以下の記事を参考にしました。

HDD約3万5000台を運用した実績からSeagate製品の圧倒的壊れっぷりが明らかに

記事によると、全日立(HGST)HDD、Seagateの4TBモデル、Western Digitalの1TBモデルが信頼性が高いようです。

Seagateは壊れやすいという評価があちらこちらで聞かれるので、Seagateのハードディスクは避け、日立HDDとWestern Digitalのどちらかを選択することにしました。

ただ、以下の記事によると大容量(4TB)ディスクについては、Seagateハードディスクの信頼性がかなり改善されているようでSeagateも汚名を返上しつつあるようです。

「HDD4万台以上の運用データが公開され信頼できるハードディスクメーカーの傾向に変化が生じていることが判明」

おすすめのハードディスクは?

自動売買を行うPCのハードディスク容量としては、自動売買以外の用途でPCを使用することも考えて個人的には1TBあれば十分です。

1TBの日立(HGST)とWestern Digitalのハードディスクを調べたところ、候補としては、HGSTの「HDS721010CLA632」とWestern Digitalの「WD10EFRX」の2つが残りました。

Western Digitalのハードディスクは以下のように用途別で色分けされていて、通常のデスクトップ用途であれば青色のものを選択するのですが、自動売買用PCは土日以外基本24時間PCを起動しっぱなしにするので少しでも信頼性を上げるために、RAID構築向けに設計された赤色のハードディスクを選択対象としました。

WDhddseries

メーカー名 日立(HGST) 1TB
 モデル名 HDS721010CLA632 WD10EFRX
容量 1TB 1TB
キャッシュ 32MB 64MB
インターフェイス Serial ATA600 Serial ATA600
回転数 7200rpm InteliPower(可変)
価格(amazon)
2016/7/19現在
5,980円 7,614円
画像

上のどちらかを選択しておけばとりあえずは安心だと思います。

Western Digital WD10EFRXを購入

個人的にWestern DigitalのRedクラスのハードディスクがどれくらい耐久性に優れているか少し興味があったので、今回は「WD10EFRX」を購入してみました。

WDhdd1Wdhdd2

中身はぷちぷちで包装してありました。

Wdhdd3Wdhdd4

中身はこんな感じ。

以下は、ハードディスクの健康状態をモニタしてくれる「Crystal Disk Info」による表示です。

WdhddCrystalDiskInfo

以下は、ディスクの速度を測定してくれる「Crystal Disk Mark」のテスト結果です。

WdhddCrystalDiskMark

以上、参考にしてください。

 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す

この記事へのトラックバック

コメントにはこれらのタグが使用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

このブログはGravatarに対応しています。Gravatarの登録はこちらからどうぞ。